ほくろ除去をしたいのなら【病院を利用していく】

口コミを参考にしよう

カウンセリング

費用の相場を知っておく

ほくろはできる場所によってコンプレックスになることがあります。顔の中心に大きなほくろがあれば目立ってしまいますし、メイクなどで隠すのにも限界があります。そのコンプレックスを解消する為にほくろ除去があります。ほくろ除去といえば、皮膚科で取り除くイメージを持っている人も少なくないでしょう。実際には皮膚科でも行うことができるのですが、美容面を意識するのであれば美容整形外科で除去してもらうことをおすすめします。ほくろ除去はサイズによって費用が異なっているのが基本となります。これは皮膚科でも美容整形外科でも同様です。皮膚科で除去してもらう場合の相場は直径1mm未満で5,000円。サイズが上がっていくことで値段も上がり、直径4mm〜5mm未満の場合で10,000円が相場となります。それ以上の際サイズになりますと要相談となり、費用が明示されていないことも少なくありません。除去したいほくろの数とサイズによって費用が異なりますので、どれぐらいかかるのかを事前に確認しておくと安心です。また、美容整形外科で除去した場合でも1mm未満で5,000円程度となっています。これが基本的な費用となり、それにプラスして診察料や施術後の薬やテープ代などが含まれるでしょう。さらに、どの方法で除去するかによっても値段が異なってきます。炭酸ガスレーザーを使って行う方法とメスでほくろ自体を切り取るものが主流となっています。小さなほくろを除去するだけであれば、費用はそこまでかからないことがわかります。ほくろ除去の方法には大きく2種類あります。ほとんどの方が痛みの少なそうな炭酸ガスレーザーを選択してしまうようですが、実はこの方法にはメリットだけではなくデメリットもあります。大きなほくろの場合はガスレーザーでは取り除ききれない場合があり、想像していたような仕上がりにならないこともあるでしょう。その点、メスを使用して取り除く方法はほくろ自体をしっかり除去しますので、仕上がりも綺麗になります。このようにほくろ除去と言っても種類がありますが、実際には患者自身がこれらを選択することはありません。基本的にはドクター自身がほくろの状態を見て、炭酸ガスレーザーを選択する方が好ましいのか、メスを使用して切除する方が望ましいのかを判断してくれます。これは病気と同じで、患者が決めることではありません。患者に適した方法を提案してくれますので相談してみましょう。また、炭酸ガスレーザーで焼き取る場合であっても、ほくろの色素に当てる施術方法もあります。これはシミ取りなどで使用される方法なのですが、平らなほくろの除去に使用されることがあります。ほくろ除去をする際には、皮膚科で行うのか美容整形外科で行うのかを決めて、治療方法をどのようにしていくのかをドクターと相談しながら決めていくことになるでしょう。どちらの方法も患者に適したものを選択してくれますので安心です。また費用に関しては、皮膚科の方が安く仕上がることが多いのですが、美容整形外科で行ったとしてもそこまで大きな差はありません。美容面を重視するなら美容整形外科で行いましょう。

Copyright© 2018 ほくろ除去をしたいのなら【病院を利用していく】 All Rights Reserved.